閑居六尺

"小人閑居して不善を為す"(大学)と自分自身(身長)より造語したもの 暇にしているとろくなことをしなくなるので、自分の身の丈に合うお役立ちをしょう!! 

♪ 貴方ゆえに

連日、新型コロナウイルスの感染被害が広がっているニュースに不安は広がるばかりですが、現在のところこれといった対応策が示されず、脆い人間の実態に哀れさえ感じる今日この頃です。
人類はそもそも免疫を持たないウイルスの攻撃に対して脆弱な生き物であるとともに、ウイルスが常態的に突然変異を繰り返していることで、私たちは常に新型の病気が流行する可能性の下で生活をしています。そして、人類の歴史を千年単位で振り返れば、規模や程度の違いはあるにせよ、これまで何度も同じような伝染病の流行が繰り返されてきました。

じつは記憶も遠い40数年前のことですが、フィリピンでコレラが発症した際当地に旅行中ですぐ帰国させられ、それから自宅に約1週間ぐらいだったと思いますが、缶詰め状態となりました。やっと出社しても誰も近寄らず折角の海外旅行が悲劇となったことを身をもって体験しました。

将来に対する不安しか出てこない生活がどれほど心細いかその身にならなければ分からないものです。

かみさんに聞いても当時のことをよく覚えてなかったので、そのころの写真を引っ張り出して見ました。これも断捨離作業の一環です。

いま「アジアの歌シリーズ」というテーマで書いていることから、これら写真をスライドショーさせバックに音楽を入れてみました。

フィリピンの曲 『Dahil sa 'yo(ダヒル・サ・ヨ) 』 作詞:Dominador Santiago、作曲:Mike Velarde です
もとはフィリピンの古い子守唄といわれていますが、フィリピンのタガログ語で”貴方ゆえに”という意味だそうです。

【豊声会B2】より
米国では、ザ・レターメン(The Lettermen)ナット・キング・コール(Nat "King" Cole)などが「BECAUSE OF YOU」という曲名で歌っていますし、日本でもペギー葉山 やダークダックスなどが歌っていますのでご存知の方の多いと思います。

フィリピンの音楽の特徴としてはアメリカの影響を大きく受けており、伝統的な音楽というものはあまりなく、唯一あるとすればこのダヒルサヨと呼ばれているものが伝統音楽ではないでしょうか。

頼もしい ! 豊後警察を見よ

令和2年大分県警察年頭視閲式
1月18日(土曜日) 午後1時30分から大分市平和市民公園 多目的広場
木曜日から毎日練習するのをマハロと見ていたので、この時間に合わせた散歩にした。

 

f:id:chichi7:20200118152636j:plain

https://youtu.be/B8dxK3v2a0s
約300人の警官らがパトカー、白バイ、嘱託警察犬などとともに、県警音楽隊の演奏に合わせて行進しました。

 

本日の アジアの歌シリーズは

「美しい昔」(うつくしいむかし、ジエムスア、Diễm xưa、艷𠸗)は、ベトナムの楽曲。作詞・作曲はチン・コン・ソン。訳詞は高階真。邦題は他に「雨に消えたあなた」がある。1960年に制作されて、1970年代に「ベトナムの太陽」と謳われた女性歌手カイン・リーの歌唱により日本で2度レコード化された
チンコンソンのつむいだ曲たちの中でDiem Xuaという曲は、女性歌手カーン・リー(Khánh Ly)のハスキーな歌声によって有名なベトナム国民の誇る名曲です。歌詞は戦場へいったであろう彼を思う曲で当時、反戦曲として歌われていました。
1970年、大阪万博にこのカイン・リーが出演した際、日本語歌詞がつけられ「雨に消えたあなた(美しい昔)」として発表されました。のちに近藤紘一原作のNHKのドラマ「サイゴンから来た妻と娘」(1978年)の主題歌に使われたことから、多くの日本人に知られるようになり、加藤登紀子や天童よしみがカヴァーするようになったそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=-Seu7v_4Ggw

 

遅ればせながら

皆様、遅ればせながら明けましておめでとうございます。 

演奏会のご来場ありがとうございました。
最近はFBの方が忙しくブログの書き込みがおろそかになっております。有料会員なのでもったいないことです。
※Gメール・メッセンジャーはごく親しい者どおしでの直近での連絡、FBはグループ内での表現の場、ブログはいわば随筆的な作文と私は決めています。人によっては異論はあるかとおもいますがそうしています。

年が変わり、集中していた「50周年記念演奏会」も無事終わりましたのでぼちぼちの余裕で、この一年の目標を立ててみました。
1.健康であること。
 やはり体力作りからということで、①できるだけ犬散歩を休まず距離も延長すること、②季節毎のウォーキングを計画する。など
 手始めに 2月2日 別大毎日マラソンの応援を兼ねて別大国道を歩きます。

f:id:chichi7:20200117171307j:plain

昨年のものです

2.充実した楽器練習と合唱への取り組み。
 昨年までは、ウクレレの種類を頻繁に変えてきたが、一本に絞り浮気しない。合唱はこれまで通り熱意をもって続く限り取り組んでいく。
 愛器 バリトンウクレレ

f:id:chichi7:20200117171422j:plain

3.整理整頓を含め、断捨離への継続作業。
 母屋に子供の頃からの色んなものが未だに放置状態。長期対応が必要だがやる気が肝心。

毎年同じような気もするが、もうそろそろ自分の年齢を思うとあまり時間がないので、悔いの残らないように有言実行したい。


《追記》
現在 FB「男声合唱団豊声会」のサブチャンネルで「豊声会B2」グループというベースパートだけのページを作ってますが、限定ものなので読まれる数が知れています。従ってこの中より現在ハマっている〈アジアの歌シリーズ〉をこのブログでも連載してみようと思います。


『ブンガワンソロ(Bengawan Solo)』は、インドネシアの大衆音楽クロンチョン(Kroncong)の一つ。インドネシア固有の伝統音楽にポルトガル伝来の音楽が取り入れられ、混交音楽としてのクロンチョンが生み出されたという。
女性歌手カーン・リー(Khánh Ly)のハスキーな歌声によって有名なベトナム国民の誇る名曲です。歌詞は戦場へいったであろう彼を思う曲で当時、反戦曲として歌われていました。日本人では加藤登紀子や天童よしみがカバーしています。
他にも多くの名曲がありますが、多分に私の趣味で選曲しています。

 


ブンガワン・ソロ / ソクン・カニャ

日本の心歌 「唱歌の四季」

前ブログで、「愛」と「夢」を歌った演奏曲をいくつか抜粋しましたので、今回は日本人の精神文化を表した 第2ステージの演奏
男声合唱と2台ビアノのための「唱歌の四季」を紹介します。

プログラム <ステージに寄せて> より

f:id:chichi7:20191026180327j:plain

  朧月夜  春宵の田園に群生する菜の花と、ボンヤリ霞む月に彩られた暮色を余すとこなく詠う風情は、美しい一幅の日本画を思わせます。“匂い淡し”や”里は”(=里)などの文語調の詩に、現代っ子は馴染まないと思いますが、今もなお年齢を問わず歌われており、この格調高い歌詞に3/4拍子が持つしなやかなメロディーが合さり日本人の美的感性をよく表現しています。               

f:id:chichi7:20191026180430j:plain

  茶 摘   立春から88日目が「八十八夜」、末広がり文字の縁起の良さとあわせこの頃に収穫するお茶は柔らかく甘いということから、”茶摘み”に最良の時期といわれています。茶葉を摘む手つきに加え調子のいいテンポで、この曲は「手遊び唄」としても全国的に広がりました。そもそもは京都府宇治周辺の伝承歌ではないかとも言われています。               

f:id:chichi7:20191026180348j:plain

  紅 葉   山野を華麗に染める紅葉は錦繍的な美しさであり、艶やかで、その天然色彩によりメルヘンの世界観を感じさせます。日本中で見られる秋の光景ではありますが、この詞の舞台となったのは群馬と長野との境にある碓氷峠周辺の景色であり、高地に位置する軽井沢に向かって、速度を落としながら走る車窓から、のんびり眺めているとこのようなロマンチックな気持ちになるのかもしれません。

f:id:chichi7:20191026180411j:plain

   雪   諸説あり作者不詳となっておりますが、平成19年に、「日本の歌百選」に選ばれるほど、幅広く多くの人から親しまれています。歌いだしの“♪雪やこんこ…は”「わらべ唄」そのものですが、この“こんこ”とは「来む、来む」で、「来い」すなわち命令形の「降れ」だとする解釈説が多いようです。明るい弾んだ曲ではありますが、毎年多くの犠牲者の出る豪雪地帯では、流石に降れ降れとはしゃぐ人はいないと思います。滅多に雪を見ない地方の初雪を喜ぶ歌ですね。               

f:id:chichi7:20191026180445j:plain

 夕焼小焼  帰宅の時を知らせるBGMなどによく使われるので、日本人なら誰でもかって口づさんだことのあるノスタルジアを感じさせる名曲であります。 夕焼けになりかけの状態が小焼けかな?と思った人も多いと思いますが、調べると「小焼け」は、語調を整えるために添えたもの、「ゆうやけ(夕焼)」に同じとありました。

 ⦅日本国語大辞典より⦆  郷愁を感じる歌だと思います。

 

そして前4曲に直接四季と無関係なこの曲を終曲として加えたことにより、それまで歌ってきた情景が次第にズームアウトしていき、最後は宇宙の広がりへと誘ってまいります。 

日本の心の本質をとらえた旋律に、「三善晃」によって緻密に組み立てられた管弦楽的な素晴らしい編曲が施され、男声合唱団の持ち味である重厚な歌唱により、深い感動をお届け致します。

 

補足

「小焼け」は「夕焼け」につくのだから「朝焼け」にもつけられるだろうと考えた童謡詩人がいました。私も好きな詩人ですが、金子みすゞ(1903~30)であります。
皆さんもよくご存じの「朝焼小焼だ 大漁だ」で始まる『大漁』(1924年)という詩にも小焼がつかわれています。

f:id:chichi7:20191026182528j:plain

 

先述の「雪やこんこ」の「こんこ」や「夕焼け小焼け」の「小焼け」など、スッキリと解釈することはできませんでしたが、宇宙空間にあるすべてのものに心が宿っていることを教え、非現実的な世界を夢見つつ現実世界で生きて行かねばならない人間(自分)を尊い存在ととらえ、その過ごし方を学ばせようとしているように思えます。

 

みんなちがって、みんないい。

 

 

愛と夢と文化を結ぶ

「創立50周年記念演奏会」まで2ヵ月を切った。
もしアンコールが望まれれば、27曲ほどの演奏曲で、今回は全曲暗譜との厳命に基づいて自宅練習に忙殺されている。

"大分の魅力あふれる文化を発信する"という団の目的に沿うべく、今回の曲目は全て和製の故郷讃歌であります。

♪愛と夢と文化を結ぶ…♪ 石橋の町の第3章(石橋の故里)の中にあるフレーズがまさに今回の演奏会のテーマと考えている。

更に言い換えれば
「愛」は心の表現、「夢」は希望に繋がり、「文化」は故郷の財産 とも言えます。


"歌の数だけ、思いがある"   「愛」と「夢」を歌った歌を演奏曲の中よりいくつか紹介すると

f:id:chichi7:20191016125613j:plain
 
《見上げてごらん夜の星を》 歌手坂本九の1963年のヒット曲。1960年に初演された同名ミュージカルで、その劇中主題歌をモチーフにしたのが原曲でした。 定時制高校に通う坂本と昼間部の生徒ユミコは、教室の机を通じた文通をきっかけに交流して行く。そのような定時制高校生の生活を描き、普通高校へのコンプレックスと、苦労をしながらも学べるプラトニックな喜びと楽しさが表現されている。

《北上夜曲》 盛岡白百合高校の女学生と恋人の盛岡第一高生が北上川を舞台にした悲恋の話。入水心中したものの、女学生だけが死んで男子学生だけが生き残り、その心境を歌った純愛ラブストーリーが詞の諸所かしこに歌われています。

《ゴンドラの唄》 ツルゲーネフ原作の「その前夜」の劇中歌で松井須磨子が歌つたことで有名になりました。絶望と享楽をないまぜにした恋の讃歌で、大正期の退廃的な風潮の中での青春を、哀愁をにじませたヴェネチア民謡風で、いつまでも耳に残り、そして夢二の大正ロマンを感じさせます。

《大地讃頌》 大地への畏敬の念と感謝と、様々な思いを経ての大地への祈り、礼賛、自分達が生まれ育った大地への感謝や尊敬の気持ちを表している歌詞ですね。したがって壮大な気持ちを持って歌わねばなりません。
    母なる大地=自分達が生まれ育った大地
    讃えよ大地=素晴らしい大地

《銀色の道》 1966年に発表された日本の楽曲で、ザ・ピーナッツとダークダックスとの競作となったものです。 今まで、苦しいとき何度この歌を聞いたことでしょう? なぜかこの歌を聴いていると力が湧いてくるというか、前へ進もうという気になったのは苛烈な競争社会で生きてきた、我々団塊世代の応援歌だったからかもしれません。

《翼をください》 現実逃避の歌などといわれていますが、思春期独特の感情を表現したとても完成度の高い曲だと思います。ここ20年学校現場などでよく歌われており、翼をください自体は、ポジティブにとらえると未来志向の希望の歌と思えます。

《海その愛》 海に限らず、自然に抱かれることは、人間も含め、自然界の存在であれば、とても大切なことです。たとえそれが、目の前の小さな一輪の花であっても、悠久の彼方から、届いた小さな光であっても、人間は癒され、エネルギーを注入してもらえるものです。海の男加山雄三らしく堂々と歌い上げましょう!

《遥かな友へ》 昭和26年夏、早稲田大学グリークラブのOBであり、また当時の指揮者であった磯部俶が、合宿中の学生達のために作詞・作曲したのがこの曲です。この「友」はただの友達ではなく恋人かな? ただの友人のことを、こんなふうに優しく思うとすれば恋人かごく親しい人でしょう。「友」と呼ぶ抑制された表現が、相手との関係の精神性を暗示しているような気がします。ただこの表題の通りに推測すれば遠く離れて暮らす親や我が子を思う歌ととれなくもありません。


f:id:chichi7:20191016125646j:plainf:id:chichi7:20191016125710j:plainf:id:chichi7:20191016125756j:plain

第二部 「唱歌の四季」  第三部 豊の国歌めぐり  第四部 石橋の町  
は、「文化」は故郷の財産  がテーマの曲集です。 今回は割愛します。


関連する過去のブログ
40周年演奏会 https://chichi7.hatenablog.com/archive/2009/11/26
45周年演奏会 https://chichi7.hatenablog.com/entry/20131107/1383790188

「雪やこんゝゝ」でなく「雪やこんこ」

21年前(1998年)にも大分で国文祭が開催されており、この時大分ゆかりの瀧廉太郎の作品を四季の順に並べて再構成し、童声合唱・混声合唱と2台のピアノで壮大に歌い上げています。今回の我々の演奏会で演奏する「唱歌の四季」と同じ三善 晃編曲で、「荒城の月」「花」「箱根八里」「お正月」などの名曲全16曲がメドレーで歌われました。ただしこの中の「雪」は今回我々が歌っている「雪」とは異なる。 ということで「雪」を語ってみます。

実は瀧廉太郎には、「雪やこんこん」という曲があります。「こんこ」ではなく「こんこん」です。「雪やこんこ」の方(本当の題名は「雪」です)は、尋常小学唱歌であるのに対し、「雪やこんこん」の方は幼稚園唱歌です。この曲集には20曲収録されており、中にはあの有名な「もういくつ寝るとお正月」の「お正月」も入っています。

「雪やこんゝゝ」  作曲:瀧廉太郎 作詞:東くみ
雪やこんこん、あられやこんこん
もっとふれふれ、とけずにつもれ
つもった雪で、だるまや燈籠(とうろう)
こしらへましょー、お姉様

話を続けるとややこしくなりますが、瀧廉太郎は明治33年(1900)21歳のとき、組歌『四季』を発表しており、このなかにも「雪」という曲があります。

「雪」(組歌「四季」より)  作曲:瀧廉太郎 作詞:中村秋香
一夜のほどに 野も山も
宮も藁屋も おしなべて
白金もてこそ 包まれにけれ
白珠もてこそ 飾られにけれ
まばゆき光や 麗しき景色や
あはれ神の仕業(しわざ)ぞ
神の仕業ぞ あやしき

この曲は我々も歌いましたが、メロディはほとんど賛美歌のようでした。なぜこのような歌を作ったのか、気になり調べてみました。

明治 20 年代から 30 年代初頭にかけ多くの歌が世に送り出されてましたが、その大半は唱歌でした。しかしそれは「音楽の普及伝播」を目的とするものであって、音楽芸術を追求するものではありませんでした。西洋の旋律を借用して新たに日本の歌詞を付すという手法は、西洋音楽導入の初期の段階から採られた方法で、「歌曲の作世に顕はれたるもの少しとせず」と瀧廉太郎が述べたように、より高尚な音楽作品ということになると、日本語の歌詞による西洋の音楽作品に求めざるを得なかったのでありました。

日本人の手による音楽芸術作品の創作によって、我が国に入ってきた西洋音楽を方向づけようとして発表した作品が組歌「四季」であり、瀧の心意気を感じる組歌でもありました。


とはいっても、我々が歌う今回の「雪」は前述の説明とはまた違う「雪」です。
この「雪」の作詞者、作曲者ともに不詳とされている。しかしメロディーは、ドボルザークの「聖書の歌」の10番目の前奏と酷似しており、全く同じ旋律部分のあることが知られています。

詞の部分は、瀧の音楽学校2年後輩の東くみの詞が一部使われており、伴奏の部分は注意して聴くと似た旋律です、そしてこの「雪」は、日本の童謡。文部省唱歌。作詞者、作曲者ともに不詳となっております。

「雪やこんこん」---1901年
「雪」---1911年
聖書の歌 Op.99 B.185---1894年
ドボルザーク(1841年~1904年)
瀧廉太郎(1879年~1903年)


著作権がどうのこうのとか無い時代、互いに影響しあい同じ時代を生きてきた音楽家達が残した偉大な遺産を、我々は大切に守りながら、また多くの人と共感することにつながってくれればという思いで演奏していければ良いと考えます。


「こんこ」は、「「来う此」(「此処に来い」)が転じたもの」であり、「「雪やこんこ」は「雪よ、此処に来い」(=「雪よ、もっと降れ」)という事」だという説。
(「教えて!goo 「雪やこんこん」って、本当は「雪やこんこ」なの? 」より)

熱くなる季節 テーマは"笑顔"

連日の暑さで少々バテ気味ですが、読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか?
夏 暑いのは当たり前のことですが、その暑さをさらにヒートアップさせることが連日続いていますね

私の身近なもので、最近の"笑顔"として集めてみた。(私の勝手な熟語です)

お祭りから "祭 笑"

子供の頃から夏の到来を告げてきた「長浜さま」ではあるが、今年は珍しく雨に祟られなかった

f:id:chichi7:20190815113939p:plain f:id:chichi7:20190815114145j:plain
大分市の夏の風物詩は「大分七夕まつり」 初日は、名物の府内戦紙(ふないぱっちん)という山車の練り歩き。2日目はチキリンばやし市民総おどり。3日目には大分川の約6000発の大花火大会。

なかには我々の世代にちょっとついていけないものや、どちらかというと企業のパホ―マンスが過ぎ、市民文化としてはいかがかな?という感もあるが、まぁ 若者たちのエネルギーの発散の場としては良いか!

f:id:chichi7:20190815151141j:plain 観客300万人を魅了する九州最大の祭り、ルーツを福岡とする我が身としては、これぞ男の祭り「博多祇園山笠」は特筆しなければならない。Wikipedia掲載画像
山にのぼせた「バカちん」たちの熱気に包まれ、巨大な舁き山が動く姿は圧巻。
"山笠のあるけん博多たい!"(クビを厭わず祭りに走った友人を思い出す)

スポーツから "笑 勝"

悲喜こもごもの選挙も終わると、夏の甲子園が始まり、否が応でも熱くなる季節となる。
地元の明豊高校が惜敗し、多少高校野球の興味も薄れたが、必笑(ひっしょう)をモットーに掲げる星稜高校がその笑顔の強さを発揮できるかの興味がある。

忘れてはならないのが、先日77年全米女子プロを制した樋口久子(現LPGA顧問)以来2人目で男女を通じ42年ぶりのメジャー優勝の快挙を達成した「渋野日向子」(20=RSK山陽放送)。屈託のない笑顔でギラリーを魅了し勝利を呼び込んだことから《スマイルシンデレラ》と呼ばれている。
f:id:chichi7:20190815114030j:plain 私も 昔からPINGのクラブを使ってきのだがなー 、全然上達しなかった。(関係ないか!)

f:id:chichi7:20190815114015j:plain f:id:chichi7:20190815114001j:plain
'ショウタイム'(=笑時でもいいか)で全米を沸かせている「大谷翔平」や、先般2019年のNBAドラフト一巡目でワシントン・ウィザーズより指名を受けた(全体9位)入団することが決まった「八村塁」なども素晴らしい笑顔だ。
f:id:chichi7:20190815114046j:plain そう言えば、久々に優勝した「石川遼」や、テニスの「大坂なおみ」、「錦織圭」なども元気を与えてくれている。

あまりマスコミで騒がれていないようだが、地元に関係するので彼を挙げておきたい。
f:id:chichi7:20190815114106j:plain 東京六大学で優勝後の 全日本大学野球選手権2019年 学生チャンピオンになった明治大学の主将でエースの「森下暢仁(もりした まさと)」(大分商業出身)君だ
2019年の全日本選手権では、明治大学38年ぶりの優勝に導く素晴らしい活躍でMVPを獲得。 ドラフト一位指名間違いない
彼の弟・颯太選手も大分商業でプレーし、大型ショートとしてプロからも注目されています。

"祝 笑" と言えば

f:id:chichi7:20190815114124j:plain 自民党の「小泉進次郎」衆議院議員が8月7日、フリーアナウンサーの「滝川クリステル」との結婚を発表した。ビッグカップルの電撃婚に祝福が殺到している。



゛腹が減ったなら歌え、傷付いたなら笑え!" (ユダヤ教の聖典タルムードより)という言葉がある。
笑いによる鎮痛効果があることは知られているが、そのほか、‘自分を笑うことができる人’つまり、自分を客観視出来る者こそ成功者になる。ということだと思う

笑 門 来 勝   最後に笑う者が最もよく笑う